洋菓子店 マダム・コロー [おすすめ商品]

秋田市にある洋菓子店マダム・コローは、今年で創立38年になります。
  
 
先代は、金月堂という和菓子(洋菓子も一部あり)を営んでいたそうなのですが、現在の店主鈴木國春さんは、ケーキ職人をめざし43年前に上京。
日本にフランス菓子を本格的に伝えたことで有名なアーノルド・ルコント氏のもとで、5年間修業を積みました。
場所は、東京都心、六本木です。
厳しいルコント氏の指導ながら、鈴木さんはもともとのセンスの良さから、ぐんぐん力を付けて、今に至る正統派でありかつ繊細で切れのある美しいケーキを作るようになったそうです。
  

フランスに短期留学を行い、本場のケーキにも接して、出身地秋田に戻ってきた鈴木さん。
ご家族で経営したケーキ屋の名前は、フランスの画家「コロー」から『マダム・コロー』。
ケーキの名前も、フランス語のものが多いのは、フランス菓子の流れを汲むからでしょうか?
下の写真は、人気商品いちごのムースとサバラン
  

その後、さまざまな変遷を経て、現在のお店は鈴木國春さんと奥様で経営されています。
お店で一番大事にしているのは、本物志向。
良質のバター、卵、牛乳、小麦粉を基本に、余計なものはほとんど入れず、丁寧に作られたケーキは、生ケーキも、焼き菓子も、味も外見も一目置かれる存在感があります。
秋田にも、このような本格派の洋菓子店があることを嬉しく思っています。

この度、セレクトショップ 秋田蕗だよりでは、既に全国から注文が来ているマダム・コローの焼き菓子を当店のオンラインにてもお取り扱いさせていただくことにしました。

◎在庫の関係で、ご注文をお受けしてから商品をお送りするのに一週間くらいお時間がかかる場合がございます。

◎お品により冷凍のクール便、冷蔵のクール便、一般の宅配便でお送りいたします。冷凍と冷蔵の商品は、同梱できないため送料がそれぞれ別にかかる点ご了承ください。

*   *   *   *   *   *
マダム・コロー

〒010-0003
秋田県秋田市東通1-6-23 TEL018-836-5370

0